インスリンを打つ場所について

インスリンとは体内の血中のブドウ糖の濃度を調節する効果があります。


体内の血糖値をコントロールする役割を持っているのですが、水臓などの疾患
により本来の効果が得られなくなってしまい血糖値を制御することが出来なく
なってしまいます。 


病状が悪化していくにつれ、低血糖による貧血や失明、喉の渇きなどの症状が
出てきますが適切な治療を行っていけば問題はないです。 


インスリンを体に打つ場合は、同じ場所に何度もうつと皮膚が硬くなってしまう
ので打つ場所を幅広く定期的に腕や腹部に打つ必要があります。 


腹部に打つのが一番効果があるといわれ、効果のある順番としては、腹部上腕臀部
太ももとなっています。 一度インスリンを打つ場所を決めインスリンを体内に
注射した場所は触らないようにします。


打った場所から3cmほど離してインスリンの投与をするようにしていきます。
インスリンのバランスが乱れてしまう恐れがあるためです。 


インスリンを打つと低血糖は避けられないので低血糖を防止する対策を
とる必要があります。 食事療法をかえることや、定期的に体内に糖分を
取り入れる必要があるので間食をとるタイミングも大事になります。 


血糖値のコントロールが健康を維持するために大切な役割を果たしますので、
朝昼夕の食事をバランス良くとることが大事なのです。 


合併症などがあり、運動を行う場合は事前に必ず医師に診断をしてもらう必要も
ありますので、運動を行っても問題ないか医師の指示を仰いでから行うことになります。