タグ「インスリン注射」が付けられているもの

糖尿病とは人間の体の中にあるエネルギー減とも言われるブドウ糖が 必要以上に高くなりインスリンの働きが弱くなってしまうと糖尿病になります。 インスリン注射の副作用はインスリンを打つことででる症状として 主に低血糖といわれています。  低血糖になると目まいなどの症状があらわれます、インスリンは体内にある 血糖値を下げることを目的として作られている治療薬になります。注射で 体の中にインスリンを打ち込み血糖値を調整します。  他の副作用としてインスリンアレルギーというものがあります。 インスリンを打った場所から赤みがあわられかゆみなどの症状がでることが あります。出た場合は医師の診察を受け、主治医に相談して対策を立ててもらいます。  体に打つ場所にも効果の違いがあり、腹部が一番インスリンの効果が 伝わるといわれています。  食事のバランスを考え、栄養をとる事も大事ですしある程度調節せいて 間食をとることで低血糖を防止する必要があります。  インスリンを使い血糖値をコントロールして他の疾患が発病しないように するの調整するのがインスリンなのです。  主治医と相談して食事療法やインスリンの量など的確な指示を受け、 運動をするときは問題がないかなども相談しておきます。 低血糖がおきたときの対処をしておくことも非常に大事なので手の届く ところにいつでも、食べれるように食べやすいお菓子やジュースなど 低血糖になったときの対策を立てておくと、低血糖がおきた時に有効です

インスリン注射の種類は効き目の速さ、効き方の違いや持続時間で分けられています。


糖尿病に罹ると、すい臓で作られて分泌されるインスリンが減り、
糖代謝が低下して血糖値を上げてしまいます。


血糖値が上がると血管の中に糖が溜まり動脈硬化などの合併症が発症し、
ひどくなると血管がつまり細胞が壊死してしまう事もあります。
インスリン注射は、それを防ぐ為の治療方法です。


インスリン注射の種類はいくつかあり、効き方、効き目の速さと
持続時間の違いで分かれています。


担当医は、患者の病状や合併症の状態、年齢や普段の生活パターンによって
種類や量、打つタイミングを決めていきます。


超高速型インスリンは、注射後10?20分ですぐ効果があらわれますが、
持続時間は短いです。食事の直前に注射する事で、食後の血糖値の上昇を抑えます。


速攻型インスリンは、注射後30分程で効果が現れ、効果が最も高い時間は注射後
1?3時間後、持続時間は6?8時間です。


中間型インスリンは、効果が現われるまで注射後1?3時間で、効果が高くなる
のは8?12時間後です。持続時間は18?24時間と少し長くなります。


混合型インスリンは、超速型、速効型、中間型をいろいろな比率でミックスさせた
もので、注射後10分?1時間で効果が現われ、持続時間は18?24時間です。


持効型インスリンは、注射後1?2時間程で効果が現われ、24時間同じ効果で持続します。
主にインスリンの基礎分泌の補充として使われています。


これまでのインスリン注射は作用時間が短くピークがある為、健康な人の分泌の仕方
を再現する事が難しかったのですが、持効型の登場で健康な人とほぼ同じ分泌が
できるようになり、現在この治療法が広がっています。


1