タグ「廃棄」が付けられているもの

インスリン注射は糖尿病の方にとっては欠かせないものです。


しかしその使ったインスリン注射針の廃棄方法を知っておかないと
ちょっと困ることになります。


注射を始める前に説明はちゃんと受けますので覚えておいてください。
まず捨てる前に注射器から針をはずす必要があります。


針をはずす時には指などを刺さないようにして針ケースをつけてから
はずします。注射針は自宅で捨ててはいけません。
必ず医療機関で回収してもらいます。


専用容器を指定されていたらそれに従って戻します。指定されていなければ、
針を通さなない蓋付きの容器を準備してそれに入れます。


そしてたまったら医療機関に持っていって処分してもらいます。
針はだめですが、インスリンが入っていたカートリッジや消毒綿は自宅で
処分することができます。


またペン型の注射器も家庭ごみとして捨てることが可能ですから自治体の
ルールに従って捨ててください。


ただし気分的なもので牛乳の容器などに入れてからごみ袋に入れることは
他者への配慮になります。

それでは使用していない注射針はそのまま自宅で捨てられるかといいますと、
これも医療機関へもっていくというのが正しい答えです。


注射針は使用済み、未使用に関わらず感染性廃棄物と同等の扱いをされ
ますので、自宅でもし捨ててしまったら捨てた人は
厳重に罰せられることになってしまいます。


注射し忘れたなどで針を使わないことがあったらそれを持参して
医師に次回の注射針の数を調整してもらうのがベストです。


1